副業には関心があるけど、在宅でできるものが良いと思ったことはありませんか。
自由になれる時間が少ないサラリーマンにとっては自宅できる副業が理想的ですね。
私は現在個人事業主として宅配の仕事をしていますが、サラリーマン時代はとにかく自分の時間は取れませんでした。
そんな忙しいサラリーマン向けの副業はクラウドソーシングです。
クラウドソーシングは、不特定多数の発注者と受注者がマッチングすることで契約が成立する比較的新しいワークスタイルが特徴的。
仕事の種類は実に多くあり、専門的なプログラムの開発から誰でも簡単に取り組めるアンケートまで幅広く募集されています。
また仕事の形態は大きく分けて、プロジェクト・コンペ・タスクの3つに大分されます。
その中でもプロジェクト案件は、高報酬も期待でき主にシステム関連の案件が中心的。
人気がある案件はどうしても抽選になってしまいますが、当選すれば見返りも大きいのです。
当選率を上げるためには、ライバルとの違いをアピールすることが重要。
自己プロフィールであなたの強みをアピールしておきましょう。
発注者側は選定時にプロフィールを確認するのでアピールは大切。
それを工夫することで当選確率が上がりますよ。
次にコンペ案件ですが、とにかく発想力が要求されます。
選定されれば1案件で数万円の報酬が得られますが、落選するとゼロとシビアな世界なので賭け的な要素がありますね。
最後にタスク案件になりますが、自由に取り組める点が他と異なります。
時間が取れない人や副業初心者向きですね。
私はメインの仕事が外なのでタスクを中心に取り組んでいます。
そのようなクラウドソーシングですがメリットとデメリットを紹介します。
最大のメリットは場所を選ばずに取り組める点です。
ネットに繋がっていれば自宅だけでなく、図書館やネットカフェなどでもできるのです。
とにかく場所に縛られないのがクラウドソーシングの特徴ですね。
在宅をはじめ場所を選ばないクラウドソーシングですがデメリットも。
室内で完結できる仕事が大半なので報酬がとにかく安い。
その中には1時間以上かかりそうな案件なのに報酬が100円未満なものも存在します。
稼ぐためには案件を見分ける目利き力が必要になりますね。
ですが、クラウドソーシングは場所を選ばずにできるので忙しいサラリーマンにとっては魅力的。
自宅に居たままあなたの持っているスキルや資格などを活かせるのです。
国内に複数のクラウドソーシングが存在しますが、それぞれ違いがあるのであなたに合ったサイトを選んでください。