ネットビジネスとして海外での仕入れをすると良い!?

海外から物を購入して日本国内で販売するというのがいわゆる商社の仕事になるわけですが、ネットの発達によってそれが個人でもできるようになっている時代が訪れています。

ある種のせどりというやり方になるわけですが、ネットの力を使って海外から物を購入するということが一個人でも非常にやりやすくなっています。

決済などはどうするのかと言いますと、クレジットカードが登録できるのであればそのクレジットカードを使えば良いというだけの話になりますし、さらにいえば国際的な決済手段というものがあったりしますので、そういうシステムを提供している業者に登録をして入金してもらうというようなやり方もできます。

とにかく海外の通販サイトやあるいはオークションなどで日本国内で転売したら高く売れそうなものというものを購入してどんどん転売していくようにしましょう。

これも一つのネットビジネスであるといえるのです。
ネックとなる部分がどこにあるのかと言いますと、一つは資金がそれなりに最初に必要になるということとは少なくとも英語は話せないと話を進めることができないということです。

翻訳サイトなどを使って単語単語で会話をして購入していくということもできないわけではないのですがやや難しくなることでしょう。そして、海外から物が来るということになりますのでわりと時間がかかるということもありますし、送料も結構かかります。

その上売れなかった場合は在庫を抱えるということになりますからこれはどんな商売にも言えることですが割とリスクがあったりします。
しかし、ヘタをすると数倍、五倍くらいで売れたりするものが簡単に手に入ったりということもありますので、狙い目であるのは間違いないでしょう。

また、やや難しいこととしてあるのが、その業者から物を購入しても問題ないのだろうか、ということです。
信用できる業者であるのかどうか、というのが実はそんなに担保されていることではありませんから、仕入先は厳選することです。
とくにいえるのが大量に買いつけようとするときです。この手の買い物は基本的には先払いになります。ですから、なかなか怖い部分もあります。

この場合、クレジットカードであれば支払いを停止させることができるのでリスク回避という点においてはそれがお勧め出来ます。

どのような形にせよ、海外からの購入というのはそこそこリスクがありますから難しいこともあるのですがそれでもやってみる価値があるのです。

SNSでもご購読できます。